Blog

IMG_5681

2014.8/2

酒器

李朝徳利 唐津盃 (2014年10月17~19日 東京美術倶楽部アートフェア出品予定) 伊万里市松文猪口  売約済み   個人蔵 小さな蕾の撮影があり、本が出来上がる頃は東美アートフェアも近いのでタ...

More >


IMG_5642

2014.7/17

李朝の秋草

(売約済み 個人蔵) 李朝の青花磁器のなかに「秋草手」と呼ばれる李朝愛好家の垂涎の的の一群があります。 愛好家の文学趣味を反映した呼称であり、必ずしも秋の草花とは限らず、その文様表現は余韻のある情緒を感じ...

More >


2014.6/12

根来輪花足付盆  小さな蕾広告品

(ご売約済み) 京都の北村美術館で、以前すばらしい根来輪花の鉢を拝見し、このような物が欲しいなぁ~などと思っていたら、数年後に 出合った物です。その後、北村美術館収蔵の輪花鉢は、旧黒澤明旧蔵と知りました。どうしたらこんな良い味になるのかと...

More >


01-1

2014.5/31

粉青刷毛目線刻 魚文椀

                              (ご売約済み)      先日、美術倶楽部で行われた由緒ある交換会で、古いコレクターの収蔵品のなかにこの魚文の鉢があり、久しぶりに興奮して仕入れました。 魚文は図録や展覧会等...

More >


ko598

2014.5/20

鶏龍山の水差し

最近ブログが更新されてないので・・・?と、お客様からご連絡を頂きました。ありがたいことです。 本日は本来なら交換会の日ですが、ブログの更新をしております。 画像の鶏龍山の壺は、時々散見する塩笥サイズの物ではなく、水差しに丁度良...

More >


IMG_5486

2014.3/10

李朝鑑賞  中川 竹治 

ここに長い間探していた、一冊の小冊子があります。 この冊子は、李朝好きのバイブルのような存在である「座辺の李朝」の著者、中川 竹治氏が銀行員時代、北九州の銀行に赴任していた時に、何かの縁でこの冊子に寄稿したものだと思います。 「座...

More >


01-1

2014.3/6

バーナードリーチとオランダ白陶

(リーチタイル オランダ白磁瓶 共に売約済み) バーナードリーチは好きな作家です。 デッサンや作陶品などを見ていると、本当にすごい人だと思います。このタイルの魚は以前から何度か交換会で見て、欲しいと思ってはいたのですが思いのほか高く買...

More >


__ (2)

2014.2/26

本日の店内

大きな板上には好きな伊万里の小皿と柿右衛門の濁手の輪花の向付を飾りました。 (弥生壺 売約済み) 今日は一人で店番です。明日、花生けに来る事を思い出し、大切に冷蔵庫にしまっておいたバイモユリを取りだし、似合う花器を探し、弥生壺...

More >


__

2014.2/21

四方仏蹲

個人収蔵  御売約済み 当店のお客様で会社経営をなさっているお客様から依頼を受けて四方仏の蹲を探し、収めさせていただきました。いつもご夫婦で来店され、李朝から信楽、根来まで鋭い感覚で求められます。ご自宅は現代美術のコレクションの中に古美...

More >


1月

2014.2/3

今週の床の間

鶏龍山絵刷毛目俵壺  2月小さな蕾 広告掲載作品 新装し、ありがたいことに花を持って来てくださる方が多く、現在、店の中は花が沢山です。 狭い店内に何ヶ所も花を活けると美しさも半減するのですが、新しい花が来ても何か可哀そうな気がして...

More >


  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >