Blog

2022.11/29

〈取扱作家情報〉田嶋健太郎展Ⅲ|阿曾美術

田嶋健太郎さんの個展が12月6日より銀座の阿曾美術にて開催されます。 今年制作した9点が展示されるそうです。   DMの作品は田嶋さんのアイコン、月の絵。題は〈ことしへ〉だそう。 弊店での個展から約1年、どのような世...

More >


2022.11/28

花と、

Otsuka Fine Art onlineの次回更新は、12月1日を予定しています。 今回ご紹介するのは、京都の花屋〈みたて〉さんから定期的にお送り頂いている草花からインスピレーションを得た“花をさそう骨董”です。   ...

More >


2022.10/17

2022東美アートフェアの御礼

  昨日、お陰様をもちまして2022東美アートフェアは無事に終了いたしました。   3年ぶりの東美アートフェアでしたので、初日から会場は活気にあふれておりました。 久しぶりにお会いするお客様や海外の...

More >


2022.10/5

朝鮮陶器に書かれた文字[2022東美アートフェア]

李朝の陶磁器に書かれた文字には、記録や種別といった実用目的のものと、漢詩からの抜粋や創作的な漢文など趣味的な目的のものとがあります。 例えば、見込みに「祭」と書かれていたり、底部に干支や「天」などと書いて制作年や所属を刻んだものは、祭器を日用雑器と...

More >


2022.10/5

白磁水注[2022東美アートフェア]

  - 白磁水注 朝鮮時代19世紀 Ewer with lid, White porcelain Joseon dynasty 19th century H18.7×W18.2×D14.5㎝ -  ...

More >


2022.9/26

染付宝文盒子[2022東美アートフェア]

直径は20㎝を超える大型の盒子。このような盒は19世紀の墓誌盒によく見られるようですが、それらは例外なく無文様ですので、本作は別の用途で使われたものと考えられます。 飲食物を保管する盒子として用いられたのでしょうか。   宝文が大...

More >


2022.9/24

李朝人と竹[2022東美アートフェア]

インスタグラムでは、10月14日からの東美アートフェアに出品する作品を紹介しています。 今回のフェアでのテーマは「朝鮮の美術」。 アートフェアの公式カタログにも掲載している染付竹文筆筒について、李朝人にとっての「竹」というテーマで掘り下げてみまし...

More >


2022.7/25

夏季休業のお知らせ

大塚美術は下記の期間を夏季休業とさせていただきます。   2022年8月10日(水)〜21日(日)   ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。 なお、8月22日...

More >


2022.7/6

こっとう夏休み|Online Exhibition 2022/7/15〜

  7月15日より、オンライン展示会「こっとう夏休み」を開催します。 今年は過去に例をみない早さでの梅雨明けとなりました。 暑く長い夏の始まりです。 夏の風物詩をモチーフとしたもの、染付けの一筆に涼やかさが漂...

More >


2022.6/15

青花の会骨董祭2022の御礼

先週末に開催されました青花の会骨董祭2022は、無事に終了いたしました。 お陰様で多くのお客様にお越しいただき、コロナ禍前を思い出すような活気溢れる会場となっておりました。 ご来場いただきました皆様に御礼申し上げます。 弊店...

More >