Blog

2020.4/10

器台付土器

いつもは賑やかな骨董通りもすっかり静かになってしまいましたが、この機会に商品情報など随時更新してまいりますので、お楽しみいただけたら幸いです。 また弊店Instagram(ID:otsuka_fineart)でも商品情報を更新しておりますので、...

More >


2020.2/6

李朝鎬文盒子 工芸青花13号

工芸青花13号が刊行されました。 今回弊店からは、李朝鎬文盒子をご紹介させて頂いております。 李朝の人々にとって儒教の理念に基づいた祭祀がどれほど重要であったかは計り知れない。宮廷では宗廟を、士・大夫・庶人らの家庭では家廟を設け、祖先...

More >


2020.1/7

銅鏃の縁

新年の営業がスタートしました。 皆様今年もどうぞよろしくお願い致します。 最初のブログは、古美術が繋いだ不思議なご縁のお話を。 2年ほど前に手に入れた古墳時代の銅鏃。 全長10㎝ほどの小さな考古遺物ですが(それでも銅鏃では最大...

More >


2019.12/18

男神坐像 “見えざる存在”のカタチ

男神坐像  平安時代後期  H252×W134×D79mm   古代の日本人は、山川草木や風土の中に神性を見出し、それを「カミ」と信じました。 形のない存在だったカミに姿が与えられるようになったのは奈良時代。外来の宗教...

More >


2019.11/1

田嶋健太郎 個展の御礼

田嶋健太郎個展が無事に終了いたしました。 初日の悪天候にはじまり、雨の日が続いたにも関わらず多くの方にご来場いただきました。 おかげさまで、ほぼ全ての作品がお客様の元へと旅立ちました。 皆様ありがとうございました。 ...

More >


2019.10/21

田嶋健太郎 個展 Kentaro Tajima Solo Exhibition

いよいよ10月25日より「田嶋健太郎 個展」を開催いたします。 前回の個展から2年余り。2回目の開催となります。 田嶋健太郎は1984年東京生まれ。東京藝術大学絵画科日本画専攻を卒業後、美術家団体には属さずギャラリーでの作品発表を...

More >


2019.10/7

東美アートフェアの御礼

  2019東美アートフェアはお陰様で盛会のうちに終えることができました。 弊店ブースの様子を写真にてお伝えいたします。   今回は、古美術と共に画家・田嶋健太郎氏の新作を数点展示い...

More >


2019.10/2

田嶋健太郎 個展プレビュー

〈讃歌〉 2019 453×377mm 和紙,墨,岩絵具,金泥   いよいよ今週末となった東美アートフェア。 今回は、10月25日より大塚美術にて開催する「田嶋健太郎  個展」のプレビューとして、新作数点を弊店ブース内で展観します...

More >


2019.9/26

2019東美アートフェア出品作品のご紹介3

黄瀬戸陰刻花唐草文茶碗  高さ7.2cm 径11.3cm   黄瀬戸は、室町時代からの古瀬戸の流れをくむもので、美濃の窯で焼かれた、桃山時代を代表するやきもののひとつ。 茶碗として作られたものは全くといっていいほど...

More >


2019.9/25

2019東美アートフェア出品作品のご紹介2

織部吊るし文茶碗  桃山時代 高さ7.8cm 幅14.5cm 奥行11.9cm   国産の黒いやきものは、16世紀初期に美濃窯で量産された天目に始まり瀬戸黒を経て、黒織部に至る。 大胆な歪みやヘラ削り、意表をつくよ...

More >