Blog

IMG_5941

2015.2/5

李朝白磁祭器

花 紅梅 福寿草             挿花 横川志歩 李朝時代18世紀後半~19世紀初頭にかけて作られた白磁祭器です。 李朝陶磁器の特徴といたしましては、祭器と呼ばれる様々な形状の器があります。 李朝時代ほど儒教が浸透していた時...

More >


IMG_5916

2015.1/26

今週の花    李朝白磁壺

花入れ  横川 志保        李朝白磁壺   個人所有                                                              おなじみの李朝白磁に蝋梅 クマササ 一休椿 です...

More >


img_exhibition_doubutsu[1]

2015.1/17

動物礼讃   根津美術館

本年最初に紹介する展覧会は、未年に因み羊をはじめとする動物を主題に扱った絵画、工芸作品の展開です。 根津美術館収蔵で重要文化財にも指定されている双羊尊と、大英博物館蔵の双羊尊が並んで陳列されていました。 双羊尊は世界に二点しかないそうで空...

More >


sakana-sara-1

2015.1/8

李朝 魚図皿

最近この皿を手にいれました。久しぶりの李朝分院青花の皿です。ご存じのように李朝陶磁器には皿は少なく高価です。 それが某有名店の桐箱に、違う図柄のものが二枚一組で入り、見出しも二枚書かれておりました。通常このような事はしないので何故だろうと思...

More >


IMG_5893

2015.1/8

謹賀新年   

新年あけましておめでとうございます。 今年、最初の花は雲龍梅と椿です。今年もあれやこれやブログに書きたいと思っております。 本年も宜しくお願いいたします。 ...

More >


FullSizeRender

2014.12/25

年末のご挨拶

(李朝鉄砂徳利の文様) 本年はひとかたならぬご愛顧にあずかり、ありがとうございました。 忙しい年末ですが、お体にお気を付けてお過ごしください。 皆様健康で新年を迎えられるようお祈り申し上げます。 今年最後の御挨拶と...

More >


IMG_5863

2014.12/5

李朝豆腐の外出着

李朝の白磁の水滴をお買い上げ頂いたお客様から、その袋物のご注文を頂きました。 三年前に別の白磁の水滴がブログに出ていたのをご覧になって、それは別の方がお作りになったものですが、同じようなものを「作って欲しい」というご依頼でした。 ...

More >


FullSizeRender

2014.12/2

青花の会 特別展観會記

京都大徳寺、玉林院にて、工芸青花の発刊記念の式典に参加してまいりました。快晴のなか、初めて訪れた玉林院。恥ずかしながら今日まで知りませんでした。工芸青花を見て、蓑(さ)庵を知りました。当日の花席は川瀬敏郎さんです。 床の花は藪椿、それが千利...

More >


IMG_5865

2014.11/28

仏教美術のよろこび    ロンドンギャラリー

会期終了間近なので、今なら人も少ないだろうと思い、気になっていたロンドンギャラリーの展覧会を拝見してきました。何度も伺っているのですが、入場する時はいつも緊張します。 入口から超一流店の雰囲気が漂ってきます。作品は一流品ばかりで、下手な...

More >


秋草ー1

2014.11/20

工芸 青花の会  李朝秋草の壺

個人蔵 先日ブログで紹介した、新しい工芸の本が新潮社より発刊されました。 1000部 限定の会員配布の本で、一般の書店には並ばないとの事です。 骨董店の店主の私は狭い範囲の事しか分かりませんが、美しい装丁の本です。 ...

More >