Blog

IMG_0960

2018.3/17

茶入の仕覆

都内某百貨店から、お客様ご愛蔵の常滑茶入に仕覆制作のご注文を頂きました。 既に仕覆が添えられていますが、時代を経ているので取り出す度に、扱いが慎重になられます。そして、折角、自分のものになった茶入に自分が仕覆を誂えたいのだと。ごもっともなお気持ちで...

More >


p27長男李朝w95

2018.3/6

ART FAIR TOKYO 2018

この度、大塚美術は、3月9日より東京国際フォーラムにて開催されます、アートフェア東京2018に出展いたします。 「有情の白 -朝鮮時代のやきもの-」と題し、李朝前期の粉青沙器・白磁から、後期染付に至る作品を展示いたします。 皆様のご来...

More >


20180201_0001 - コピー

2018.2/1

樹皮根来薬器

漆と思しき木の表皮を薄く剥ぎ、曲物上に閉じて同をつくる。その天地に檜の板をはめ込んだ中次型の薬器。甲と内に根来の技法で朱が施され、樹皮部分は吹き漆で仕上げられている。長い時間の手ずれによって 磨かれた自然な風合いに、ごく侘び...

More >


IMG_0845

2017.12/16

祥瑞盃の仕覆

お客様から、ご自身が愛蔵されてきた祥瑞の盃に仕覆のご注文を頂きました。 染付の色と女性の片手掌にも、しっくりおさまる程よい大きさ。茶器ではなく酒器なので、堅苦しくせず東南アジア(19世紀末頃)の裂を合わせてみました。 一枚の裂の中に、山吹の縞...

More >


IMG_3308

2017.11/25

白磁鉄砂花文小壺

(売約済み)   白磁鉄砂の始原は今なお明らかではありませんが、15~16世紀の粉青沙器や白磁象嵌などに同じ特徴を持つ例があることから、その起源を15世紀頃とする説が有力であります。しかしその頃の遺例品は非常に少なく、白磁鉄砂が隆盛...

More >


田嶋_輪640

2017.10/26

田嶋健太郎 個展

欠片  333×242mm/雲肌麻紙・岩絵具・金泥・墨 このたび大塚美術にて、「田嶋健太郎 個展」を開催致します。 田嶋は、東京藝術大学美術学部を卒業後、団体に属さず、ギャラリーでの作品発表を主体に活動。岩絵具や金など、古来より用いられ...

More >


_ND81049

2017.9/16

2017年東美アートフェア 秋

平成29年10月13日(金)~15日(日) 東京美術倶楽部にて東美アートフェアが開催されます。 出品作品の全てではありませんが、小冊子を作り、皆様のご来場をお待ちいたしております。 インスタやフェイスブック等でも随...

More >


naka

2017.7/24

忘れていた花

生け込みに来て頂いていた横川志歩さんから、花材を取った後の鉢を 「植え替えるとそのうち花が付きますよ」と教えて頂き、植え替えて2、3年。 植え替えたことすら忘れていた今年、いきなりたくさんの花をつけてくれました。 松本仙翁に似てるけど、...

More >


DSC01459

2017.6/28

青花の会骨董祭2017のお礼

(第一会場 ラカグ) 青花の会骨董祭2017が、無事終了いたしました。第2回目となる今回は、金曜日の5時からをレセプションとし、連日の開店前からの行列と混雑を少しでも緩和出来ればと思いましたが、今回もまた三日間共に、開店前から沢山のお客様に...

More >


オモテ

2017.6/6

青花の会骨董祭2017

今年もまた、青花の会骨董祭のシーズンがやってまいりました。昨年度はどの会場にも、開店前から沢山のお客様で行列になってしまい、ご迷惑をおかけしてしまいました。 本年度は、少しでも混雑の緩和のために、6月9日の夜から青花の会員様と招...

More >